Kiyoshi TAKIZAWA web   Japanese   English
1.jpg
内と外をつなぐものをテーマとした作品。壁面は時に相手との関係を断絶するもの、相手から身を守るものとして存在する。しかし壁に窓があることで外界と内界をつなげる役目をはたす。
今回パレスチナ、イスラエルの分離壁を引用した。国と人とを分け隔てる壁が現実に存在する。東京ー青森間と同じ距離のコンクリート分離壁がいまなお建設されている。それでもテロは絶え間なく行なわれる。
全面を多い尽くすことで堅牢なイメージを残すが同時に増え続ける犠牲者のもろさを蝋という壊れやすい素材で表した。

タイトル:untitled
ベニヤ、ミラー、紙にパラフィンワックス
palaphinwax on paper,mirror,veneer
2006
659×629×303 cm
Kobayashi gallery
Ginza Tokyo