Kiyoshi TAKIZAWA web   Japanese   English
1.jpg
500個の空き瓶を地元住民の方と協力し回収する、
会場天井から吊るし短冊をつけるインスタレーション。
「風鈴」を模した一つ一つの短冊には人々の悩みや質問が書かれている。

例えば
「サッカー選手になるにはどうしたらいいですか?」(小学校一年生 男)
「保育士になるにはどうすればよいでしょうか」(小学校五年生 女)
「津南の魅力はなんですか」(50代 女)
などのようなものもあれば
「好きな人がいます。両想いになるにはどうすればいいでしょうか。はなれたくありません」(10台 女)など。
それから印象的だったのが
「人に優しくなるためにはどうしたらよいでしょうか」
「思いやりってなんですか」。

とても考えさせられる質問がたくさんありました。
この風鈴は音は鳴らないけど人々の想いが響きあうという作品。

15年前に工場を使われなくなって2008年の準備からアートによって息を吹き込んだ。
そして、8月1日にはオープニングイベントとして私が学生時代よりお世話になり、その音楽に衝撃を与えられたパーカッショニスト 田宮ガクさんを今回まねきました。
会場に響くその音は光の粒子がそれぞれのパーカッションから出てくるようだった。


タイトル:Installation for TSUNAN - Tsunagari -

電線、電球(150p)、脱色された古着Tシャツ、ワックス、ナイロン糸、ハンガー
electric code, light bulb (150p), decolorized used T-shorts, wax, nylon threads, hangers
40m × 8m × 2F

新潟県 津南町 美雪町
2010